独り言




セックス入門を書くぞと思いつつ
放ったらかしにしています。
そのうち書きます。


幸いこのブログは誰も見ちゃいないし
特に人気になりたい!という気持ちも
ほとんど無いので、
プライベートのSNSに書き込むには
なんだかなぁということまで
好きに書き込めるのです。

匿名ですから本当に好きなことを、
日記と違ってベッドの下にしまっていたら
家族に見られた!恥ずかしい!
なんてこともなく書き込める、
ある意味私の心情の掃き溜めですね。


これを書く理由は
私の気持ちがいつか
変化していったときの為です。

変化を恐れる人間なので。

いつか私が今と何か違うことを
考え始めたとき、
これを読むようにしたいのです。






まだ私は22年間しか生きておらず
大した経験は(大きな成功も
心が折れるようなことも)ないのですが
それでも今までの人生の例に沿って言えば、

今大切にしているものや人や思い出や、
その他諸々をもし明日失うことになっても
半年後、長くても数年後には
テレビを観て笑っているでしょう。


今までの経験に沿って言えば、の話です。

これはある意味幸せなことではありますが
今は、こわいことだ!!と思うのです。
テレビを観て笑う、そのテレビで
よく流れるホラー番組よりサスペンスより何倍も

こわいことだ!!



今ある幸せが続けばそれでいいのに
(新型ウイルスで世界が辟易している現在
"今"と言ってしまうことが良いかどうかは
わかりませんが)
どうして環境の変化を自ら求めるんだい?
今の何が不満なんだい?
今までの思い出は、好きな人は、
もうどうでも良いものなのかい?

現在の私はこう思うだけで
もし心が変わり始めたときの私は
全く違う考えを持っているかもしれませんが。



今までだって、
大きな経験はないものの それなりに
先立っていった身内やペット、
別れた恋人、連絡を取らなくなった友人、
思い出すこともなくなった思い出、
色々なものを人並みに経験はしたけれど

幾らか時間が経てば全て過去になって
それを思い出して今更泣くような
ことはないわけです。


そんなこともあったネ〜。なんて。


そういうことが、思い出になることが
凹んでも立ち直れちゃうことが
今は漠然とこわい!と思うのです。


だから私の気持ちは一生変わらなくて良いし、
でもそれは中々難しいことであるのも
わかっていて、やるせない気持ちになります。

幸せなときこそ、そういう終焉を想像し
何故か落ち込むという
ひねくれた性格なのです。可愛くねぇなァ。




ひねくれた性格なりに考え出したのが
いつでも見れるこのサイトが
いつか気持ちに変化が現れてしまった私を
引き戻す役目になれば…
ということです。
訳が分かりませんね、自分でも
何を言っているんだかサッパリ。


完全なる駄文ですが
言いたいことは結局、未来の自分へ
いつか気持ちに変化があったときの自分へ、
今私がいる環境や、周りの人や
私の好きな人は
何にも代え難い大切なものなので
少しの心の変化で手放すんじゃねえゾ、
2020年4月20日の私が断言するぞ!

ということです。


以上、深夜のせいで自分に酔っている
うらすじさおみでした。






コメント

非公開コメント